ちょっと聞きたい!
有限会社 水戸技術設計コンサルタント
TOP IMG

サーモデルタ THEROM DELTA

外壁診断・検査 新赤外線調査システム サーモデルタ

赤外線画像解析をデジタル処理。だから、正確・スピーディ
サーモデルタは、赤外線サーモグラフィで測定した温度データを、外壁診断用として最適な解析手法により自動分析し、図面や画像に転送できる、全く新しい赤外線調査システムです。
業界で初めて、色情報ではなく、温度データを自動解析し、基準温度差以上の部分を抽出することで、従来より正確で迅速な解析処理が可能です。
IMG

自動解析ソフト

温度データを自動解析
解析データを、可視画像・画面にワンタッチ出力
赤外線サーモグラフィにより測定した記録画像(以下「熱画像」)は、各画素ごとに温度データを持っています。この温度データごとに120色もの色情報を設定することにより赤外線画像は表現されています。
従来の赤外線調査は、闇雲に撮影した画像データを目視により色見を比較し、周囲よりも色の濃い部分を判定しているため、解析者の能力・経験に大きく左右されます。 また、その結果を目視により図面に転記するため、位置や範囲など精度にも限界があります。
サーモデルタは、色見ではなく、温度データそのものの相対温度(温度差)を自動的に解析し、基準温度差以上の部分を抽出します。
この手法により、従来の解析手法に比べ、正確で経験・能力等に左右されない均一な解析結果を迅速に抽出することができます。
可視画像 従来の赤外線画像 サーモデルタの解析画像
IMG IMG IMG

調査

打診調査 撮影状況 赤外線カメラ
外壁タイル等の仕上げ材が太陽の放射等によって温められると、健全部分では 仕上げ材表面からの熱がスムーズにコンクリート等の躯体に伝達されます。 しかし、浮き部・剥離部分では、仕上げ材とコンクリート等の躯体の間に 熱の不良導体(熱伝導率が低い)である空気層が介在しているため、熱が 逃げにくく、健全部分に比べて仕上げ材表面温度が高くなります。
実際の赤外線調査では、撮影対象物の各面に温度計を設置し、日射の当る面は 壁面温度の変化が1時間あたり2℃以上、日射の当らない面は1時間あたり1℃以上を 確認し赤外線サーモグラフィー(赤外線カメラ)で撮影をします。